刑務官になるには、刑務官採用試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)を受験する必要があります。刑務官採用試験は、日本に国籍があって、国家公務員(内閣総理大臣や自衛隊員、裁判所職員などは、特別職になります)法第38条の規定によって、国家公務員(雇用形態には、常勤と非常勤があります)となることのできない人以外であれば受験することができます。しかし、受験年の4月一日時点で17歳以上でなければいけないでしょう。また、身長が低い、身体能力が著しく劣る等、職務に影響が出ると考えられる人も受験行う事ができないのです。試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は一次試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)と二次試験が行われます。一次試験では、教養試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)、作文試験が行われるのです。教養部分や一般常識は選択式ですから、ある程度勉強していれば問題ないのですが、法律関係の問題は高校時代(テレビなどで映像が流れると、どうしてあんなファッションをしているんだろうなんて思ってしまいますが、今のファッションも?年後に見るとそう感じるんでしょうね)に習う政経をしっかり勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)しておきましょう。試験問題はあまり難しくはないと思いますが、倍率が高いようですのでしっかり勉強するに越した事はないでしょう。本屋さんで警察官試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)の対策本等が売っているので、1冊購入してその本だけを勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)して下さいね。あまり沢山買ってしまっても、中途半端になると思いますから、自分がやりやすい本を1冊だけセレクトして、それを繰り返し繰り返し勉強しておけば、当日落ち着いて試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に望めるだと言えますね。二次試験では、人物試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)といって、俗にいう個別面接があるようです。採用試験の会場となる刑務所、拘置所の所長、処遇部長、総務部長が担当して面接を行うのです。他には、身体検査、尿検査(正確に診断するためには、排尿途中の中間尿を採る必要があります)、視力、聴力、体力検査も二次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)でおこないます。体力検査では、持久力(精神的な粘り強さを指す場合とスポーツにおける負荷に耐える力を指す場合があるでしょう)や瞬発力、腹筋力が見られます。また、刑務官は国の治安を守る仕事となりますので、犯罪歴等の身元調査もされます。受刑者の中にはヤクザの方もいるため、刑務官の仕事は体力勝負と言われていますね。そのためにも、柔道を習ったりして護身術の腕を磨いておくといいかもしれませんー